効き目最速レビトラの特徴

ED治療薬レビトラの素晴らしさを伝えるサイト

ジェネリック医薬品とは

今では聞きなれた言葉ですが、昔は何のことかよく分からなかった記憶があります。
ただ、当時は成分は同じで薬代が安いとしか知りませんでした。
一流メーカーではなく、二流メーカーとか三流メーカーの製薬会社が真似して作ったんだろうと勝手思い込み、ちょっと不安だなと思って、調剤薬局で断ることもありました。
しかし、新聞やテレビなどで頻繁に取り上げられるようになり、私の考えは間違っていたんだということに気づきました。
ジェネリック医薬品は後発医薬品との別名で分かるように、あとから開発された医薬品のことです。
反対に新薬である先発医薬品は新しいお薬で、開発には膨大な費用と研究員、そして何十年もの歳月をかけて研究と実験を繰り返して、安全性と有効性を確かめ開発された医薬品のことです。
そのため一定期間は開発した製薬会社に独占販売ができる特許期間が設けられているそうです。
この特許期間が過ぎると他の製薬会社でも同じ有効成分で新薬と同じお薬を作れるようになります。
この時にできるのが後発医薬品です。
1度開発されたお薬と同じ安全性と有効成分で作られているので、開発されるまでの費用や時間は大幅に短縮できます。
ですから、薬の価格を新薬の2割から7割に設定されているそうです。
私の子供は先天性な疾患をもって生まれてきたため、薬を毎日飲んでいます。
保険で乳児医療制度が使用できるので、調剤薬局でお金を支払うことはありませんが、薬剤師さんにジェネリックでも良いですかと聞かれると、お願いしますと言っています。
医療費もみんなが負担している税金です。
国にとっても、患者にとっても良い物は積極的に取り入れる必要があると思います。