効き目最速レビトラの特徴

ED治療薬レビトラの素晴らしさを伝えるサイト

レビトラとは

レビトラは世界で2番目に登場したED治療薬で、製造販売は世界的に有名な製薬メーカーのドイツのバイエル製薬が行っています。
日本国内では2004年4月に厚生労働省から製造販売の承認がおり、2004年6月から5mg錠と10mg錠の発売が始まり、2007年7月には20mg錠の発売も開始されています。
この錠剤の違いというのは、有効成分であるバルデナフィルが何mg含まれているかによります。
オレンジ色の円形をした錠剤ですが、中身は白い薬剤が入っています。
有効成分であるバルデナフィルの元となっているバルデナフィル塩酸塩水和物は、白色ないしやや黄色がかった粉末となっており、水やエタノールに比較的溶けやすい性質があります。
水に溶けやすいという性質から服用後の効き目が速く、即効性が期待できます。
空腹時に服用すれば20分程度で効き始め、最高血中濃度に達する時間も42分~54分となっており、他のED治療薬の中でも最も速くなっています。
レビトラは、経口のPDE5阻害剤です。
PDE5というのは体内で勃起を抑制する酵素であり、有効成分のバルデナフィルの働きでPDE5の働きを阻害することにより、勃起を促す効能があります。
ただし、服用すれば勃起するという薬ではなく、性的刺激を感じて性的興奮を得なければなりません。
性的に興奮を感じた脳が勃起せよと指令をだした際に、スムーズに勃起するようサポートしてくれる薬なのです。
服用の目安は性行為に及ぶ1時間ほど前に、水で飲みます。
食事の影響は受けづらいとされていますが、空腹時なら20分程度で作用するため、食前の20分から30分ほど前に飲んでおくといいでしょう。
また、食事を摂る際は脂肪の割合を30%以内に抑えることとバイエル製薬では案内しているので、脂肪分の少ないあっさり目の食事を量も抑えめに摂るようにしてください。
作用時間は10mgは服用してから4時間から5時間ほど、20mでは8時間から10時間ほどの持続時間があります。
即効性が高く効き目が強い分、副作用があり、9割ほどの方に顔のほてりや目の充血などが現れます。
もっとも、我慢できないような症状が出るのは稀であり、顔のほてりなどを感じたら、むしろ薬が効いてきた合図程度に思っておいて問題はありません。
稀に頭痛などが生じる方もいますが、頭痛薬を飲んで抑えることも可能です。
ただし、副作用が強い場合には使用を中止し、医師に相談しましょう。